top of page

ハウスクリーニング考

この仕事をしていて、技術的な方法や経営マーケティングのやり方を発信する人はたくさんいますが、「文化的な価値」について考察する人は少ないので、僕の知る範囲でこのブログで考察していきたいと思います。



ハウスクリーニングの歴史は深くはありません。

洋風建築になってからのものだし、大工さんや畳屋さん、植木屋さん板前さんのように日本に昔からある職人業ではありません。


故に自由度や可能性があって魅力的な仕事だと思います。

その反面、おそらく発祥したハウスクリーニングとは違った日本独特の職人業の特性を受け継いで発展しているところも感じます。


その辺りの歴史との兼ね合いや文化的な変遷について紐解いてみたいと思います。


作業していて、汚れの種類や特性を分析して的確に除去するのと同じように、ハウスクリーニングの文化的な価値について考察することで、どこを目指していけばいいのか、やり甲斐や志しの手助けになれればと信じています。



*考察にあたって宗教や政治のことにも触れますが、特定の思想や考えに誘導するものではありません。なるべく客観的に分析していきますのでご了承ください。













閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page